顎関節症の症状・原因と治し方

顎関節症の症状・原因と治し方と自分で出来る改善法をご紹介しています。顎関節症チェックもできます。

顎関節症になる原因

《 噛み合わせだけが原因ではない》

かつては顎関節症の原因は噛み合わせの異常にあると言われていましたが、現在では顎関節症の原因となる因子はいくつかあり、それらが積み重なってある耐久限界を超えたときに発症する・・・と言われています。

但しなりにくい人、なりやすい人がいて耐久限界にも個人差がありますので、くいしばりや歯ぎしり偏咀嚼などの生活習慣の中の要因の積み重ねが“その人の”耐久限界を超えたときに発症するということになるでしょうか。

《 顎関節症の様々な原因》

1,ブラキシズム

「くいしばり」「歯ぎしり」「歯をカチカチならす」などのことをブラキシズムといい、筋肉を緊張させて顎関節に過度の負担をかけダメージを与える。

最も大きな原因と言われてます。

くいしばり・・・肉体労働や仕事などに集中しているとき無意識に行っている。就寝中にも起こる。

歯ぎしり・・・音のしない歯ぎしりもある。

2,ストレス

仕事や家庭、人間関係などのストレス、その他精神的な緊張は、筋肉を緊張させてくいしばりを起こしたり、夜間の歯ぎしりを起したりとブラキシズムに影響します。

3,偏咀嚼

左右どちらか一方でばかり噛む癖を偏咀嚼といい、片側だけに多くの負担をかけることになり、発症の原因になります。

4,顎や筋肉に負担をかける癖や習慣

うつ伏せ寝、頬杖をつく癖、あごの下に電話をはさむ、猫背の姿勢など。

5,悪い噛み合わせ

噛みあわせについては様々論議があり、現在では多くの原因の中の一つと考えられ、偏咀嚼やブラキシズムの原因として関連していると言われています。

(不良な歯列矯正や歯科治療により噛みあわせの悪さを招くこともある)

6,その他

歯の治療などで大きく口を開けた、顎や頸部頭などを強く打って顎関節や靱帯を損傷した。


スポンサーリンク


などが、あげられています。

【顎関節症を誘発するきっかけは色々】

日常の様々なことがきっかけとなって顎関節症を誘発します。
・何かに熱中したり、緊張して強く食いしばる。
・会社で導入したてのパソコンを覚えようと熱中していた。
・長い会議のあった日は夕方から口が開けづらくなる。
・休日に1日テニスをしたあとは顎がカクカク鳴る。
・何か特別な行事があると緊張して食いしばる。
・オフィスの冷房がキツクて歯を食いしばる。
・仕事で悪い姿勢を長時間続けていた。
・仕事のストレスで夜よく眠れない。
・片側の歯が悪いため反対の歯だけで食べ物を噛む癖がある。など

《 現代人は顎が退化している?》

同じ顎関節症の原因となる生活習慣を行っていても、顎関節症になりやすい人となりにくい人がいます。

また、近年に顎関節症は増加しており、それも若い女性など若年層に増えています。

これには最近の柔らかい食べ物の多い食生活から『噛む力』が弱くなっていることが関係しているのではないかと言われています。

伝統的な日本食に比べ、ハンバーグやスパゲティといった現代人の好む食事は、噛む力も噛む回数も少なくてすむので、顎が運動不足になり筋肉が衰えてしまっているのです。

そのため顎関節の動きをしっかり支えられることができず、顎関節症を発症しやすい素地を作ってしまっているわけです。

顎の退化は顎だけの問題にはとどまりません。

顎の運動不足では脳への血流量も少なくなり集中力も落ち、顎が弱いときちんと噛みしめることができないので力が出ないし平衡感覚も低下、身体能力に大きく影響するのです。

また子供の頃からこういった生活習慣を続けるということは骨格や筋肉の発達にも影響があると思われます。

顎を退化させないよう生活習慣を見直すことこそが必要なのかもしれません。

 - 顎関節症

スポンサーリンク


顎関節症改善解消マニュアル人気ランキング
医者でも治らなかった重度の顎関節症がわずか1ヶ月で解消!エゴスキュー顎関節症解消プログラム

自宅でできる!渡邊式顎関節症改善プログラム(今だけ顎関節症用マウスピースプレゼント!)

 次へ
子供の顎関節症

 前へ
顎関節症のタイプ



●他サイト人気記事

顎関節症になる原因

顎関節症の症状・原因と治し方と自分で出来る改善法をご紹介しています。顎関節症チェックもできます。

Copyright© 顎関節症の症状・原因と治し方 , 2015 All Rights Reserved.